季節によりお肌が乾燥しやすくなる時期があります。天気予報などでもよくいわれている乾燥注意報といわれているものがあるのですが、これが一番発令されやすいのは冬になります。乾燥注意報がでているということは空気が乾燥しているということになります。実は乾燥注意報が出ている時はお肌にも注意が必要になります。

 

雨の日は湿気が多くてうっとおしいなぁと思うことが多いと思いますが、実は湿気が多いとお肌や喉にはとてもいいことなのです。乾燥が続いているといろいろな肌トラブルがでてきます。例えば、大人ニキビの原因の一つになったり乾燥が強すぎると乾燥ニキビというものができたりもします。これを治すためにはしっかりと保湿をしお肌に潤いを与えてあげることが大事になります。

 

では、すぐに化粧水をぬったら大丈夫なのでしょうか。答えはNoです。保湿というのはその時だけではなく、しっかりと継続することが大事になります。乾燥してきたから保湿をしようと思っていてはしっかりと保湿をしたことにはなりません。乾燥してきたときももちろん大事なのですが、毎日習慣づけてしっかりと保湿を行うことが大事になります。特にお風呂上りはタオルで水分を拭き取ってしまうので乾燥しがちです。たっぷりと保湿を行なってあげるべきですね。そして前述にもあります冬は乾燥の季節なので夏よりもしっかりとケアしてあげることが大事になります。

 

毎日パックを行う必要はありませんが化粧水のケアはしっかりと行うことにより肌トラブルを予防することができます。季節によってもかわってきますがしっかりとお肌のことを考えて保湿してあげましょう。